HOME  >  会社情報  >  沿革

会社情報


沿革

1919 カミンズ株式会社が設立された。
1920 カミンズが最初のディーゼルエンジンを製造した。
1921 株式会社小松製作所が工作機と鉱山機械製造するために設立された。
1948 コマツが最初のディーゼルエンジンを製造した。
1961 カミンズと コマツはNHシリーズのライセンス契約を締結した。
1969 コマツ小山工場でディーゼルエンジンのフルラインナップ生産が始まった。
1993 コマツカミンズ株式会社(K.C.E.C.)、そしてカミンズコマツ株式会社(C.K.E.C.)が設立された。
1998 IPAが設立された。
1999 Tier2の4D95Lエンジンの開発が完了した。
2000 Tier2の4D102、6D102、6D140、および6D170エンジンの開発が完了した。
2002 カミンズ社とSSDA18V170(排気量78リットル)エンジンを共同開発。
2005 Tier3の4D107,6D107,6D114,6D125,6D140,6D170及びTier2の12V140エンジンの開発完了。
2006 JR向単販エンジン2000台出荷達成。