HOME  >  会社情報  >  社長と副社長からのメッセージ

会社情報


社長と副社長からのメッセージ

社長の顔写真

IPA代表取締役社長

株式会社小松製作所

開発本部

エンジン開発センタ

副所長 小野寺 康之

IPA社長就任にあたり、ディーゼルエンジンの将来について考えてみました。
1892年にルドルフ・ディーゼル氏がディーゼル機関の特許を取得、1897年に初めて実働するプロトタイプのディーゼルエンジンの製作に成功、以来120年あまりの歳月が流れています。この間に、排気量当たりの出力は、約30〜40倍程になりました。
1996年に米国連邦環境保護局(EPA: Environmental Protection Agency)が、ノンロードディーゼルエンジン規制を開始して以来 もうすぐ20年になろうとしています。その間、第一次規制(Tier1)から第4次規制(Tier4Final)まで、窒素酸化物(NOx)の排出量が約1/25程度に、粒子状物質(PM: Particulate Matter)の排出量も約 1/25程度に低減されました。
Industrial Power Alliance(IPA)は、1998年設立以来、今年(2015年)で17年がたちました。この間IPAでは上記のEPAをはじめとする日米欧規制に適応する排気ガスのきれいなディーゼルエンジンの研究・開発を促進し、そのエンジンをお客様にタイムリーに提供してまいりました。 
ディーゼルエンジンの研究・開発・設計を主な生業とする会社としてコマツとカミンズによって設立されたIPAは、両社のDNAである“品質と信頼性”“Innovation”を融合し、プロのエンジニア集団として、エコロジー(地球環境)とエコノミー(経済性)の両立を追及した次世代の”夢のディーゼルエンジン”を生むことが使命と考えています。  
私たちが夢を追い続けている限り、ディーゼルエンジンの将来は明るいと信じています。

 
副社長の顔写真

副社長
イェマネ ゲセッセ博士

栃木県小山市に位置するIndustrial Power Alliance (IPA)は、世界をリードする企業であるコマツとカミンズの2社が創った合弁会社です。当社は1998年の設立以来、技術的に高度なディーゼルエンジンの開発をしています。当社の主な目標は、製品の信頼性を損なわずに、主要規制地域における最新の排ガス規制に確実に対応することです。
 
当社は年々厳しくなる世界的な排ガス規制に対して、新しいシステムの導入等最新の技術を取り入れて対応しております。コンピュータによる解析のための十分な環境を整えて、複雑なエンジン性能およびエンジン各部の構造をモデル化し、シミュレーションを行うことにより、最新技術の構築に役立てると共に、2014/2015年からの“ほぼゼロ”レベルのエミッション規制に対応した排ガス計測のテストセルを始めとして、最新鋭の試験設備を備えて開発を進めています。
 
コマツの車両開発に当たっては、車両部門との密な連携を常にとることができるので、エンジン・車体一体となって、切れ目のない開発が行われています。カミンズのエンジン部門やコンポーネント事業部門とも同様に、広範囲に渡って技術的な協力関係を保っています。
 
Stage IV/Tier 4 Final規制対応のエンジンシリーズの発売に向け、私たちは今後もお客様に喜んで頂けると確信しています。私たちはまた、技術革新や親会社との継続した協力を通して、世界の排ガス規制への対応というチャレンジを楽しみにしています。